あまねしく

砂海のブログ

東プレの高級キーボードがドライバ認識されず悪戦苦闘!

time 2019/05/04

東プレの高級キーボードがドライバ認識されず悪戦苦闘!

プロ向けキーボードとして有名な東プレのリアルフォース。
キーボードなんて安いものなら千円札1枚で買えるこの時代に、おひとつ数万円というセレブな値段なんですが、
このたび管理人が新規購入したところ、最悪なトラブルで大変な目にあいました・・・。

トラブルは自己解決できたのですが、悩める他の方のために顛末を記録します。

東プレ株式会社のリアルフォース(Realforce)といえばプロ向け高級キーボードとして知られています。

耐久性や細かい作り込み、そして同社を代表する技術である「静電容量方式スイッチ」というこだわりが有名です。

ですが、そのこだわりの分が「価格」として容赦なく はね返ってきてしまい、キーボードタッチの感触も人によって好みが分かれるため、ただお高いだけのキーボードと批評する人もいます。

当ブログの管理人はわりと道具にこだわるタイプなので以前から愛用していたのですが、長年使っていると耐久性とは別に1つの問題が発生します。

そう、ホコリやゴミがキーとキーの間に入ってめっちゃ汚くなることです!

そのため掃除と洗濯をしようということで、水洗いすることにしました。ええ、キーボードは実は水洗いできるんです。コツがいるので素人にはおすすめしませんが。

で、水洗いして乾かす間の代替機として、あるいは何か遭ったときのスペアとしてもう1台新たにリアルフォースを買うことにしました。

そのときは何も知らずワクワクしながらヨドバシ.comでポチったのですが・・・これがトラブルの始まりだったのです。

sponsored link

え、リアルフォースが反応しない・・・

キーボードって、ある意味パソコンにとって必須の道具です。

だから、例えばプリンターとかではデバイスドライバーをDVDやネットから落としたりしてインストールする必要がありますが、キーボードではそんな面倒な手段は不要です。

USB (昔はPS/2) へ差し込んだら、デバイスドライバーはOSが標準で持っているものを使って、すぐに認識するはずなんです。

ところが・・管理人が、配達されてきたリアルフォース (Realforce SA / R2SA-JP3-BK という2017年12月発売のまだ新しいモデルです!) を開封し、さっそくUSBソケットへ挿し込んだところ・・・「ドライバーのインストールに失敗しました」というメッセージが!!

まさか、キーボードでこんな事態になるとは・・IT業界歴20年の管理人にとっても初の出来事です!

色々試してみたがダメで、ネットから情報を探して、幾つかのサイトで書いてある「ドライバーが認識しないときの手順」みたいなのも何個か試してみました。
しかし何も改善しません。
一瞬、LEDが光ったこともあったのですが、キーを叩いても反応なし。

ちょっと待って。これ3万円もしたんだけど・・・!

もう冷や汗です。

背中をぐっしょりさせながら東プレのサポート・フォームへ症状を入力し、対応を待つことにしました。

不安すぎるサポート

幸いなことに、書き込みから1日後という迅速対応で、営業部のS藤さんという方からメールが来ました。

> ・PCに差した時、LEDランプは一切点灯しませんでしょうか。
> ・もし、外付けのUSBハブをお持ちでしたら、中継させた状況を教えて頂けると確かります。

※原文ママ

USBハブを経由すると認識することがある、というのはネットにも書いてあったので既にトライしており、これは効果なしでした。

というかS藤さん。半角カタカナはメールで使っちゃだめな文字ですよ・・・。
世は九割九分ユニコード化されたとは言え、SJISとかの旧文字コードしか対応してないメールサーバは今でも残ってるんですから。

あと「確かります」って・・・。助かります、ですよね?

メーカーの人が誤入力したらキーボードの信用が・・・。

おっと。いやいや。そんなこと言っちゃダメですね。

きっとこのS藤さんは3万円を思うと夜も眠れない当管理人のことを一刻も早く安心させるため、急いでメールしてくれたんでしょう。

細かいアゲアシ取りなんて失礼ですね・・・。

その後、細かい症状や、対応してみたがダメだったことなどをリストアップしてお伝えしたところ、調査のために東プレ宛に現物を送ってほしいということと、それよりも先に新品交換を優先するので送付先の住所を教えてほしい、という丁寧なメールが翌日に来ました。

よかった。S藤さんは良い人でした。最初のメールで不安になった管理人が考えすぎでした。

と、反省しながら住所を送り、新品が届くのを待ちました。

それから十日後

S藤さんへメールで住所を送ってから10日たちました。

しかし交換されるという新品は届いてきません。

玄関のチャイムが鳴るたびドキドキしてドアを開けたのですが・・・。

メールボックスも毎日チェックしたのですが、S藤さんからの「送りましたよ~」という報告メールも来ていません。

これは・・・「優先して対応する」という言葉を管理人が良いようにとらえすぎてしまったのでしょうか。

『優先はするけど、当然、先にそちらから現物を送ってからじゃないと新品なんて渡さないよ。「交換」って言ってるだろ』・・・ということでしょうか?

どっちみち動かないので現物が手元にあっても仕方がありません。S藤さんへ、ゆうパックで送り状を添えて現品を送付しました。

送付後、メールでも「本日お送りました。交換プリーズ」と報告です。(実際はもっと丁寧な文面ですよ勿論)

これできっと、二~三日もすれば交換の品が送られてきますよね。

個人的にはドライバの問題だから新品に替えてもらっても意味がないような気がしますが、ハードの問題もあるかもしれないので念のため新品を届きしだい試してみようと思います。

それから、さらに十日後

さらに十日たっても、S藤さんからのメールは全く届いていません。

新品も配達されません。

どうしたS藤。(既に呼び捨て)

あの丁寧なメールは何だったのか。それからもう二十日も経ってますよ!3週間ですよ!

まさか新種のオレオレ詐欺か!?

管理人の3万円はどうなるの???

あらためて、送付したキーボードがきちんと届いているかという確認と、
新品交換の手配がどうなってるかの状況確認という催促メールを、不安な気持ちのなか送りました・・・。

それから、さらに三日経過して

半ば諦めかけた管理人。

いざとなったら少額訴訟制度も視野に入れねばならないのだろうか・・・。

とか思いながら日々を過ごしていると、催促メールから3日後に交換のキーボードが配達されました!

これはS藤、ぜったい忘れてたよね・・・。催促されて慌てて送ったか?

しかしメールが一向に届かないのだけど、普通は一報いれるもんじゃないんでしょうか。
サポート体制うんぬんの前に、社会人としてのマナーですよね・・?

交換されたキーボードにも送り状その他の紙類は一切なし。キーボードの新品の箱以外、何もなしです。

まあ・・・送ってくれたなら良しとしましょう。サポート対応感謝です。
きっとS藤は、うっかり屋さんの新社会人の若手とかなんでしょうね。

ということで、再び開封の儀を経て、トライしてみました。

結果は・・・ええ、予想どおり・・・症状は何も変わらず、ドライバーのインストールに失敗しました。

デバイスマネージャーの三角マークが泣けてきます。

さらにさらに、十日を過ぎてトータル1ヶ月

その後、なにか改善策がないか、検証結果とやらが送られてこないかと、
S藤さんからのメールの返事を待っていたのですが、音沙汰ありません。

さらに十日ほど放置された管理人は、さすがにもはや頼りにならない東プレのサポートに期待するのは止めて、
再び自力で何とかすることにしました。

長くなりましたので、その続きは別の記事にてまとめます。

しかし記念すべき令和1発めの記事として、こんな内容になったことだけが残念です!
最終的には解決したからいいんですけどね。泣笑

sponsored link

down

コメントする