あまねしく

砂海のブログ

百聞は一見に如かず。実例で見る Google Search Console への登録メリット

time 2015/08/18

百聞は一見に如かず。実例で見る Google Search Console への登録メリット

独自ドメインを取って、記事も溜まってきたとなれば、そろそろ世界デビューしてもいいんじゃない?
ということで Google Search Console へ、このブログを登録してみた。

その実例を公開するので、新人ブロガー/ウェブマスターさんは参考にして欲しい。

Google先生は提供しているサービスが本当に多くって、素人は何をどう使えばいいのかもよくわからない。

しかもサービスの改新も積極的なので、ようやく覚えたと思ったサービスが廃止されて新しいツールが生まれていたり。

今回登録した Google Search Console というのも、以前は「ウェブマスターツール」と呼ばれていたもので、今年(2015年)の5月にリニューアルしたらしい。

このサーチ・コンソールなるものに自分のサイトを登録すればGoogle先生がサイトを見に来てくれるわけだが、それで何が嬉しいかをざっくりまとめると、次の2点に尽きる。

  • 他の人が検索したときキーワードがマッチすれば検索結果に自サイトが表示されるようになる
  • その検索結果によって表示されたりクリックされたりした結果をグラフィカルに確認できる

最初のは詳細を書かなくてもいいよね?
当ブログの管理人は大昔にHP(ホームページ)をYahooディレクトリに登録した経験があるけれど、あの時代とやってる事自体は変わらない。さくっと軽めに書くと

  1. Googleアカウントへログイン(なければ作る)
  2. ようこそ画面でサイトのURLを登録
  3. Googleが指定するファイルをダウンロードしてサイトのルートディレクトリに置く

この3ステップでひとまずOK。(さらに細かい指定もあるが省略。いつか書くかも?)

で、進化したなあと思うのは後者の「検索結果をグラフィカルに表示」してくれる方。
こっちを少し詳しく解説しよう。

sponsored link

ダッシュボードでざっくり確認

サーチコンソールにアクセスしたときのトップページはダッシュボードと名付けられている。

ダッシュボード画面

Google先生が正しくサイトを見れているかを「クロールエラー」で確認したり、サイトにどれぐらいGoogle経由のアクセスがあったかが「検索アナリティクス」で大ざっぱに確認したりできる。

ちなみに上記画像は、このブログを登録してからほぼ1ヶ月後の実際の結果である。
「検索アナリティクス」の合計クリック数は9とあるので、1ヶ月間で最大9人の訪問があったことがわかる。

もちろん一人で(キーワードを変えて)何回もクリックした人や、ページを表示しきる前にブラウザ・バックした人もカウントされるのできっちり閲覧してくれた人が何人居るかは正確には判らない。

……たった9人とか言わないでね。たかだか10程度しか記事のないブログでも、まあ最低これぐらいは訪れるってことだと思ってほしい。

検索アナリティクス

続いて、検索アナリティクスの詳細を見てみよう。

検索アナリティクス画面

詳細画面ではクリック数だけでなく「表示回数」と「掲載順位」「CTR」も見れる。

表示回数というのは検索結果に(順位は問わず)候補として表示された回数。一応、ちゃんとユーザーが結果をスクロールして当ブログのリンクが実際に画面表示されたときのみカウントされる仕様らしい。

そして表示されたか否かに関わらず、毎回の検索結果でどのぐらい上に表示されたかが掲載順位だ。

CTRはクリック率(クリック・スルー・レート)を意味する。検索結果に表示されたときクリックされた割合だ。CTRは上の図ではグラフ表示してない。
うん。
こんな少数じゃ統計上無意味だから表示していないんだ。なのでクリック・スルーならぬ「カレイにスルー」して欲しい。

このグラフから判ることは、この1ヶ月間で当ブログは掲載順位が平均23.5位と低すぎるながらも、スクロールして検索結果に表示させられた回数が145回あったよ、そうして(のべ)11回クリックされたよ、という事だ。

グラフの下には比較的上位に表示されたページがリストされている。トップは /?p=154 のページだ。平均10.8ということは、PCブラウザだと3ページめあたりだ。

ムームーのドメイン設定の記事は画像つきヘルプとしてしっかり作ったつもりなので、ネタとしてはまあまあ、有益な記事ではあると思う。

きっと、これがトップ3とかになったらものすごいクリック数になるんだろうなあ。

ちなみにその下は不満買取センターのネタだ。平均掲載順位22位でも表示回数は21と、ムームーの倍近い。

独自ドメインのネタと比べればニッチな話だと思うけど、クリック数も同じく2を稼いでる。
あまり他ではやらないニッチな話題の実践ネタだからかな?
たとえ検索する人という母数が少なくとも、ネタ元という分子も少なければそれなりにクリックを稼げる実例かもね。

と、偉そうに語ったが当ブログは、まだまだ標本数が少ないので統計上無意味な考察ではある。

まあ実際はこんな感じだよって雰囲気は掴んでくれたら嬉しい。

それにしても、みんなどんだけスクロールしてるんだよ……って話だよねコレ。

sponsored link